跳至内容
ゲームで目が疲れる原因は?おすすめの対処法を紹介!

ゲームで目が疲れる原因は?おすすめの対処法を紹介!

近年では、テクノロジーの進化によりグラフィックが美しく、細部まで作りこまれたゲームが多数登場しています。

また、世間的にもゲームがスポーツの一種として認められてきており、e-sportsという言葉も浸透しつつあります。

この記事を見ている方の中にも、ゲームが大好きな方、真剣にゲームをプレイしている方がたくさんいると思います。

ただ、ゲームをしているとどうしても目が疲れてしまいますよね。

目の疲れを放置していると、視力の低下やパフォーマンスの低下にも繋がりかねないため、できるだけ早く対処することが大切です。

そこで今回は、ゲームで目が疲れる原因と、おすすめの対処法を紹介していきます。

目の疲れはゲーマー最大の課題

目の疲れはゲーマーの課題

ゲームを思いっきり楽しみ、最高の成績を収めるためには、目の疲れを軽減することが大切です。

目の疲れを放置していると、状況の判断や細かな操作などがうまくいかず、パフォーマンスが低下してしまいます。

しかし、ゲームをするためには画面を注視する必要があるため、目への負担を完全に取り除くことはできません。

目の疲れはゲーマー最大の課題です。

ゲームで目が疲れる原因は?

ゲームで目が疲れる原因

ゲームによる目の疲れを軽減するためにまずは、目の疲れの原因を理解していきましょう。

ゲームで目が疲れる原因を紹介していきます。

目が乾燥するから

ゲームをする際は、画面を注視するため瞬きの回数が減ります。人間は、通常1分間に約20回の瞬きをしていますが、ゲームをしているときは1分間に5回程度の瞬きになってしまうことも珍しくありません。

瞬きは、涙の膜を張り直すための重要な作業であり、回数が減ってしまうと目が乾燥してしまいます。

目が乾燥すると、疲れやすくなったり、目が傷ついたりしてしまう可能性が高くなりますので注意しましょう。

毛様体筋が緊張するから

人間の目には、レンズの役割を果たす水晶体が備わっています。この水晶体の厚みを変えて、ピント調整を行っているのが「毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉です。

ただ、ゲームをしていると毛様体筋が凝ってしまい、本来の役割を果たさなくなってしまいます。

その結果、

  • 目の疲れ
  • 視力の低下
  • 肩こり
  • 頭痛

などが起こりやすくなります。

ブルーライトによってダメージを受けるから

我々が普段何気なく使っているパソコン、スマホ、テレビからはブルーライトという光が出ています。

ブルーライトは紫外線によく似ていて、目にダメージを与えるのはもちろん、光が散乱しやすいためピントが合わせにくくなってしまいます。

画面を至近距離で見続けたり、長時間見続けたりすると、ブルーライトの影響で目が疲れやすくなるため注意しましょう。

ゲームで目が疲れたときの対処法

ゲームで目が疲れた時の対処法

次に、ゲームで目が疲れたときの対処法について詳しく解説していきます。

1時間程度休憩する

ゲームによる目の疲れを軽減したい場合は、一旦目を閉じて休憩するのがおすすめです。

これは、ゲームの説明書などにも記載されていることであり、目の疲れを軽減するのに最も効果的な方法といえます。

休憩時間の目安は、1時間当たり10分、1時間当たり20分など様々な意見がありますが、目の疲れ具合や解消スピードには個人差がありますので、自分に合った時間を見つけましょう。

また、休憩をする際はテレビを見たり、マンガを読んだりするのではなく、目を閉じたり、ホットアイマスクを使ってケアをしたりするのがおすすめです。

目薬を使う

ゲームで目が疲れたときは、目薬を差しましょう。

目薬を使うことによって、目の乾燥を緩和でき、尚且つビタミンも補給できるため、パフォーマンスの向上にも繋がります。

ただし、「目薬をしていれば休憩は必要ない」ということではありません。

また、目薬にも様々な種類があり、それぞれで目的や特徴が異なりますので、ゲームによる目の疲れを軽減できるようなものを選びましょう。

ゲームによる目の疲れを予防する方法

目の疲れの予防法

快適にゲームを楽しむためには、目が疲れてから何らかの方法で対処するのではなく、事前に疲れ目対策をしておくことが大切です。

ゲームによる目の疲れを予防する方法について詳しく解説していきます。

意識的に瞬きをする

先ほども解説したように、ゲーム中は瞬きの回数が減りがちです。

瞬きが少なくなると、目が乾燥し、それが原因で疲れたり、ピントが合わなくなったりしてしまいます。

このような事態を避けるためには、意識的に瞬きをするのがおすすめです。

意識的に瞬きをすることによって、目の潤いを維持できるため、疲れにくくなります。

ブルーライトカットメガネを使う

テレビやスマホ、パソコンからはブルーライトが出ていますが、これは仕組み上仕方がないことであり、ブルーライトによる目への悪影響を完全に断ち切るのは不可能です。

少しでも目へのダメージを軽減したい場合は、ブルーライトカットメガネを使うのがおすすめです。

ブルーライトカットメガネは、その名の通りブルーライトをカットできる特殊なメガネのことを指します。

先ほども解説したように、ブルーライトを100%カットすることは難しいのですが、裸眼で画面を注視するよりは負担を軽減できます。

また、ブルーライトカットメガネは、ゲーム中だけでなく、テレビを見ているときやスマホを見ているときなども役立ちますので、ぜひ試してみてください。

画面から距離を取る

至近距離で画面を見続けると、目が疲れやすくなります。

そのため、画面からできるだけ離れた状態でプレイするのがおすすめです。

しかし、ゲームによっては画面を注視しなければならないケースもありますよね。そのような時は、定期的に窓の外を眺め、目を休めてあげましょう。

目に良い栄養素を取る

「短時間ゲームをプレイしただけで目が疲れる」という方は、目に必要な栄養素が不足している可能性があります。

目に必要な栄養素には、

  • アントシアニン
  • ビタミンA
  • ビタミンB

などがありますが、これらの栄養素を食事だけで補うのは難しいです。

そのため、サプリメントなどを活用しつつ、目に良い栄養素を効率的に摂取していきましょう。

チタンネックレスはゲームのパフォーマンス向上に繋がる?

FINE TUNINGチタンネックレス

ゲーム好きの方や、プロのゲーマーから注目を集めているのが、チタンネックレスです。

チタンネックレスには、血行促進などの効果が期待されており、パフォーマンスUPにも繋がります。

また、見た目もオシャレですので、モチベーションUPにもなります。

しかし、チタンネックレスには様々な種類があり、それぞれで特徴が異なるため、何を選べばいいか悩んでしまう方も多いです。

何を選べばいいか悩んでしまう方は、量子技術を搭載した「FINE TUNINGチタンネックレス」がおすすめです。

着脱もしやすく、見た目もオシャレですので、普段あまりネックレスをしない方にもピッタリといえます。

また、汗や水に強いチタン製のネックレスですので、耐久性を重視している方にも最適です。気になる方は、ぜひ商品詳細をチェックしてみてください。

まとめ

ゲーマーにとって、目の疲れは最大の課題です。

目が疲れると、パフォーマンスにも影響を及ぼし、視力が低下してしまう可能性もあります。

ただ、事前に対策を行うことによって目の疲れを軽減できますので、ゲームが好きな方は、今回紹介した対策・予防法を実践しつつ、目をいたわりながらプレイしていきましょう。

また、ゲームのパフォーマンス向上にはチタンネックレスが役立つ場合があります。

チタンネックレスは、ゲーム中だけでなく、読書やドライブ、スポーツなどにも役立ちますので、気になる方はぜひ「FINE TUNINGチタンネックレス」をチェックしてみてください。

 FINE TUNINGチタンネックレスの詳細は【こちら】をご覧ください。

下一篇文章 磁気ネックレスは効果なしって本当?合わない人の特徴も紹介!